熱画像カメラで、最近は断熱の勉強をしています。

先日

やっとのことで、熱画像カメラを購入して

(妻に内緒で購入し、案の定怒られましたが。。。)

 

自宅の断熱性能を画像で撮影致しました。

 

写真は窓を開けている状態になります。

 

丸い枠内の温度-4.1℃を左上に

カメラ本体の画像枠内に映っている

映像の温度が、19.3℃~-5℃ありますと

右側に書いてあります。


遡ること、

昨年の1月27日、自宅建築中に、『日本住環境様』にお越し頂き、

 

熱画像カメラで、

断熱材の施工精度を調べて頂いた事や

 

日本住環境部長様のお話を聞いて、感銘を受けて

 

温熱環境への情熱がおきてしまいました。。。

 

それから、

1年経ちましたが、

 

パッシブハウス、2020年からはじまる、住宅の省エネ問題

ゼッチ??ビルダー等、挙げればきりがないですが、

 

全国のセミナー等、色々と話を聞いてきました。

(これからも行きますけど。。。)

 

北杜市内で建築した際の、快適な家は何なのか??

まだまだ勉強がたりません。

 

 

※余談ですので、とばしてお読みください。

自宅は

外気温ー9℃の際に

室温20℃ 20畳エアコン1台で70畳をまかない、光熱費1日500円でした。

敷地、標高その他もろもろ条件があります。

※余談終わりです。

 

 

エアコン住宅、薪ストーブ住宅では

仕様をかえないといけないこともわかり、

 

ただ、単に性能を上げるだけでは、全くダメな事がよくわかりました。

 

性能だけなら、いくらでも上げられますが、上げ過ぎはよくありませんでした。

(先日、冬だけど家が暑すぎとの、ご指摘を受けました。)

 

一番大事なのは、性能じゃありません。性能も大事ですが。。。

 

また次回に、ブログで書こうと思います。

 

熱画像カメラ(しっかりしたもの出ないと詳しくわかりません。)があると

以下のようによくわかります。

先日撮影させて頂いた、

築10年以上の住宅です。

煙突から、雨水が進入し、断熱材が濡れており、躯体内の垂木が腐っているか、濡れているのではないかと、予測し、

今後も、雨が降ると水が差して、

台風での大雨の際には、

室内に水が浸入する事可能性を考えられる

と話を致しました。

 

(所有者様から許投稿の許可を先日頂きました。)

 

※写真は、弊社事務所で撮影画像を、スマートフォンで撮影したものです。

 

私は、これからはじまる甲府方面の無添加住宅で

親方、兄弟子、私が行った断熱施工に関して、

このカメラを使用し、断熱欠損を防ぎ、

 

お客様に快適な住宅をご提供できるようにしていくつもりです。

 

何かが、必ず起きるのが、

現場なので、いつも細心の注意を払って、施工に取り組んでおります。