8月のイベント告知


食べられる家、光熱費節約住宅、高気密高断熱の弊害の説明や、

断熱マニアの知識をもって、熱画像カメラで、見える化した見学会を行います。

 

弊社の標準仕様はフラット35Sの基準よりも2ランク上の仕様になっています。

 

見学会の詳細、ご予約、空き状況につきましては、見学会専用ページをご覧ください。

新着ブログ

やらない!宣言

シリーズ「住宅の見えないところを考える」

「無添加な北杜暮らし」をアップしています


『家づくり』を知ってもらいたいためにページを作成致しました。

Youtube動画作成。(緊張で噛みまくり、瞬きが多いですが、こんな自分です。)

無添加住宅とは何か19分の動画ご覧ください。

無添加住宅北杜の住宅は断熱性能を持つ耐久性に優れた江戸時代の家づくりです。

健康で長持ちして、コストパフォーマンスに優れた住宅です。

棟数を追うことをしない施工体制で家づくりを進めております。

 

世界で一番自然に近い家=無添加住宅

化学接着剤を全く使わない家が、本当の健康住宅なのです。

身体によくないものは使わない。こんな当たり前のことに目をつぶってきたのが日本の住宅産業です。

コスト優先、均一な品質で大量生産するために、化学建材を多用した住宅の家づくりが『シックハウス』を生み出したと言えるでしょう。そこで私たちは、化学接着剤を一切使わずに家を建てることはできないものかと、長年研究してきました。そして、ついに身体に良い無添加住宅の家を完成させました。建材などには天然素材を吟味して選び、究極の無添加を実現しました。私たちの『無添加の家』は、極限まで自然素材にこだわっています。たとえば、化学接着剤に代わるものとして、米でつくる『米のり』、動物の骨や皮でつくる

にかわ』などを使っています。長年の研究の結果、無害な自然のりを安定的につくり、建具に利用するなど

実用化することができたのです。また、問題の多いビニールクロスに代わる内装素材として、安価な『漆喰』塗り工法を開発するなど、身体に良くないものは使わず、無添加の素材と工法で、住まいづくりを

進めています。

だから無添加住宅にこだわりました。


無添加住宅の基準

無添加住ではお客様のご予算、ライフスタイル、健康的な住まい方へのご関心度や、

化学物質に対する症状などにあわせて3つのタイプをご用意致しました。

シックハウス症候群の方に対応し、健康な方にもおすすめ推奨仕様のSタイプ。

化学物質過敏症の方にも対応するCタイプ。様々な設備も取り入れやすいNタイプです。

Sタイプ(シックハウス症候群対応、推奨準仕様)

天然素材を極力使用し、人体に有害な化学物質を少なくした、シックハウス症候群の方でも快適に

住むことができる仕様です。健康な方にもおすすめする無添加住宅の推奨準仕様です。

Cタイプ(化学物質過敏症対応仕様)

このタイプはSタイプをベースにノウハウを駆使して、人体に有害な化学物質を極限までに排除し、化学物質過敏症の方でも住める環境を目指して開発した仕様です。内装壁の下地にはプラスターボードすら使用せずに、天然の竹で編んだネットを使用するなど、徹底的に天然素材にこだわった工法です。室内空気環境における揮発有機化合物の濃度測定においても、限りなく0に近い数値を得ています。

Nタイプ(一部化学建材の仕様を認めた仕様)

目に見えない部分や、施工中には多少化学物質が発生するものの、ご入居にはまったく問題のない素材の使用を認めたタイプです。システムキッチンやユニットバス等の設備も一部使用可能です。ビニールクロス貼りの新築の家から、このタイプの新築の家に入られた時の空気管感の違いを、感じて頂けるのはSタイプ等と同じです。

無添加住宅の一例


天然石による屋根形状、外壁漆喰仕上げと石張りが無添加住宅の特徴の一部です。


2018年

8月

14日

8月開催 完成見学会のみどころ

続きを読む

2018年

8月

11日

8月開催構造見学会のみどころ

続きを読む

2018年

6月

03日

この夏、資金計画セミナー!構造見学会!!完成見学!!開催決定

続きを読む

2018年

4月

22日

北杜市の食べられる家

続きを読む

2018年

2月

22日

熱画像カメラで、最近は断熱の勉強をしています。

先日

やっとのことで、熱画像カメラを購入して

(妻に内緒で購入し、案の定怒られましたが。。。)

 

自宅の断熱性能を画像で撮影致しました。

 

写真は窓を開けている状態になります。

 

丸い枠内の温度-4.1℃を左上に

カメラ本体の画像枠内に映っている

映像の温度が、19.3℃~-5℃ありますと

右側に書いてあります。

続きを読む