ブログ「住宅のみえないところを考える」

見学会のご案内(2017年3月末まで)

3月末まで、オープン見学会を開催致します。

北杜市の寒さ本番の中、断熱性能が世界水準に近い Ua値(外皮熱還流率)0.41の住宅を「ストーブ一台でどこまで暖かいのか」体感してみませんか。

家づくりは想いとともに、『住宅のみえなくなるところ』が重要です。その部分もお話致します。是非ご参加ください。

不在になるときもございますので、ご参加ご希望の方は、事前にshozenlog@yahoo.co.jpまで、ご連絡ください。お待ちしております。


今日の動画 (1月31日)

『家づくり』を知ってもらいたいためにページを作成致しました。

Youtube動画作成。(緊張で噛みまくり、瞬きが多いですが、こんな自分です。)

無添加住宅とは何か19分の動画ご覧ください。

無添加住宅北杜の住宅は世界水準の断熱性能を持つ耐久性に優れた江戸時代の家づくりです。

健康で長持ちして、高性能なのにコストパフォーマンスに優れた住宅です。

棟数を追うことをしない施工体制で家づくりを進めております。

 

世界で一番自然に近い家=無添加住宅

化学接着剤を全く使わない家が、本当の健康住宅なのです。

身体によくないものは使わない。こんな当たり前のことに目をつぶってきたのが日本の住宅産業です。

コスト優先、均一な品質で大量生産するために、化学建材を多用した住宅の家づくりが『シックハウス』を生み出したと言えるでしょう。そこで私たちは、化学接着剤を一切使わずに家を建てることはできないものかと、長年研究してきました。そして、ついに身体に良い無添加住宅の家を完成させました。建材などには天然素材を吟味して選び、究極の無添加を実現しました。私たちの『無添加の家』は、極限まで自然素材にこだわっています。たとえば、化学接着剤に代わるものとして、米でつくる『米のり』、動物の骨や皮でつくる

にかわ』などを使っています。長年の研究の結果、無害な自然のりを安定的につくり、建具に利用するなど

実用化することができたのです。また、問題の多いビニールクロスに代わる内装素材として、安価な『漆喰』塗り工法を開発するなど、身体に良くないものは使わず、無添加の素材と工法で、住まいづくりを

進めています。

だから無添加住宅にこだわりました。


無添加住宅の基準

無添加住ではお客様のご予算、ライフスタイル、健康的な住まい方へのご関心度や、

化学物質に対する症状などにあわせて3つのタイプをご用意致しました。

シックハウス症候群の方に対応し、健康な方にもおすすめ推奨仕様のSタイプ。

化学物質過敏症の方にも対応するCタイプ。様々な設備も取り入れやすいNタイプです。

Sタイプ(シックハウス症候群対応、推奨準仕様)

天然素材を極力使用し、人体に有害な化学物質を少なくした、シックハウス症候群の方でも快適に

住むことができる仕様です。健康な方にもおすすめする無添加住宅の推奨準仕様です。

Cタイプ(化学物質過敏症対応仕様)

このタイプはSタイプをベースにノウハウを駆使して、人体に有害な化学物質を極限までに排除し、化学物質過敏症の方でも住める環境を目指して開発した仕様です。内装壁の下地にはプラスターボードすら使用せずに、天然の竹で編んだネットを使用するなど、徹底的に天然素材にこだわった工法です。室内空気環境における揮発有機化合物の濃度測定においても、限りなく0に近い数値を得ています。

Nタイプ(一部化学建材の仕様を認めた仕様)

目に見えない部分や、施工中には多少化学物質が発生するものの、ご入居にはまったく問題のない素材の使用を認めたタイプです。システムキッチンやユニットバス等の設備も一部使用可能です。ビニールクロス貼りの新築の家から、このタイプの新築の家に入られた時の空気管感の違いを、感じて頂けるのはSタイプ等と同じです。

無添加住宅の一例


天然石による屋根形状、外壁漆喰仕上げと石張りが無添加住宅の特徴の一部です。


2017年

2月

15日

田舎暮らしの良いところ(子育て)

朝6時の甲斐駒ケ岳

朝6時半の甲斐駒ケ岳

左下にある住宅はモデルハウスです。


続きを読む 0 コメント

2017年

1月

27日

住宅のみえないところを考える⑪断熱、気密


続きを読む 0 コメント

2017年

1月

18日

住宅のみえないところを考える⑩子育て 森のようちえん『ピッコロ』

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

11日

住宅のみえないところを考える⑨YKK体感ショールーム


続きを読む 0 コメント

2016年

12月

22日

住宅のみえないところを考える⑧省エネルギー基準

住宅のみえないところを考える

 

【第8回省エネルギー基準】

 

ご好評をいただいているようで、誠にありがとうございまいます。

太陽光も今後書きますが、今日は「2020年問題」です。

 

ほとんどの方がご存じないのですが、実は、2020年から住宅建設の基準が大きく変わります。

ある一定以上の省エネ基準を満たした家しか、建築の許可が出なくなるんです。

 

複雑な仕組みに見えますが、

建物の外皮平均熱還流率(Ua値)が基準を下回る(数値が少なくなるほど性能が高い)性能の住宅

にしなければ、建築ができません。

北杜市は3、4地域です。

※建物の総和なので、断熱材の性能が足りてなくてもクリアが出来てしまうので、注意が必要です。

以前のトレードオフ制度がただ変わっただけです。

続きを読む 0 コメント