住宅のみえないところを考える⑨YKK体感ショールーム


住宅のみえないところを考える。

 

【第9回YKK体感ショールーム】

 

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

 

今年に入り品川のYKKAP体感ショールームに行ってきました。

先に言います。すごい体感してきました。

http://www.ykkap.co.jp/company/japanese/news/2016/20160406.html

 

プロユーザー向けのために、エンドユーザー様には一部分しか見学ができませんが、

良い体験をしてきました。省エネルギー基準をしっかり勉強していかないと

ただの体感になってしまう所でしたが、実体験で分かり、

現在の武川現場でも体感??できるかもしれません。

(初めてなので体感できるかヒヤヒヤです。)

 

詳しい内容は上記のURLをクリックしてみてください。

 

省エネルギー基準、外皮熱還流率等々。2020年問題は複雑ですし、

また国の方針もコロコロ変えてしまって、私たちも毎回勉強しないとだめですが、

お客様には、少し安心できる2020年問題になります。

断熱性能はフラット35S以上にしないといけない、きまりです。

注意

床、壁、屋根の全体の断熱性能なので。。。。。。。

壁断熱が薄くて、屋根断熱が異様に厚くてもフラット35S以上になっちゃいます。

昔でいうところのトレードオフが変わっただけ。

 

なので、

私は2020年問題の断熱性能の基準より2ランク上のHEAT20G1レベルが標準仕様

世界水準に近いレベルを目指しながら、

いずれHEAT20 G2レベルの世界水準の断熱性能を持つ無添加住宅を創りあげます。

http://www.heat20.jp/grade/index.html

(あと少しのところまで来ていますが、時間足らずで。。。)

 

高性能な住宅は価格が高い??ですけど、将来的には安くなります。

その方が絶対にお客様にはお得です。

 

だって総費用が安くて、35年間、より暖かい住宅に住んだ方が良いじゃないですか。

 

最後に何度も言いますし、何回も書きますが、

すべては施工レベルがしっかりしていることです。

建築を携わっていて、しっかり施工ができていない事は悲しい事に実在します。

今はSNSで写真等をアップしていますが、写真を見ただけで、分かることも多いです。

(写真だけでは、詳細までは分かりませんけど。。。この可能性はあるかな等々判断できます。)

 

設計、施工、営業と分けて考えた場合、私は施工が一番得意です。

 

だから住宅のみえないところに気が付いたんです。

 

最近お問い合わせが多くなってきており、

春からはおかげさまで忙しくバリバリ活動させて頂くようになります。

 

がしかし、棟数が追えません。

一棟一棟すべて自分の家を創るようにしていると限界があり、今後も棟数は追えません。

 

『より良い家づくり』を目指しているので、毎回発見があって、試行錯誤を繰り返していますが、

限界は無いので、『よりよく』するために何をどうするか日々探究するのが、楽しい毎日を過ごしています。

 

次回はまた気密について書こうと思います。

スーパー高気密が本当に良いのか話をしてみたいと思います。

 

【シリーズ】住宅の見えないところを考える

当社の「家づくり」がわかる

『家づくり』を知ってもらいたいためにページを作成致しました。