住宅のみえないところを考える⑥気密

住宅のみえないところを考える

 

【第6回気密】

 

年末なので日本住環境さんとの話が先になってしまいました。なので先に書いてしまいます。

 

気密が悪いとどうなるか。

断熱性能の低下を招きます。無気密=無暖房になります。

気密が悪いと換気能力が下ります。

空気が循環しません。

 

冬に寒くて24時間換気を止められる方がいらっしゃいます。

場合によりカビが生えますのでご注意ください。

絶対に24時間換気は止めないでください。

 

排気口には網付きのガラリは使用しないでください。

埃がたまり、目詰まりします。排気の風が出るので、虫は入ってきません。

(止めると入る時があります。)

 

軒天のケイカル版の有孔穴付きの場合には、

木下地で換気量の有効面積が必ずっと言って良いほど、減りますので、

軒先換気口を設けた方が良しと感じます。

(何らかの工夫をすれば、別です。)

 

気密が良くてもこちらの地域は自然が豊かなので、

室内に当たり前のように虫が入ってきます。

 

2時間に1回、室内容積の空気を入れ替える法律が、24時間換気扇です。

そもそも論書きます。

なぜ空気を入れ替えるかは、☆4マークの建材を使用しているためです。

(中には安全な☆4マークあります。)

☆4マークの建材は、13の化学物質の使用を禁じています。となると13物質以外は何でもありです。

国の基準で何にも入っていないのに☆4マークを入れないといけません。

複雑な法律が絡んでいますので、ここでは書きませんが。。。

役所からは持ち込み家具から化学物質が出るから24時間換気扇を付けると言われます。

 

無添加住宅北杜は湿気が滞留して、カビが生える可能性があるので、24時間換気扇を使用しています。

 

健康の体に、☆4マークの建材が悪さをします。

空気測定を行い、空気環境のみえる化を図り、

関西方面にいらっしゃる空気環境に詳しい先生にアドバイスを頂きながら、考察を頂いております。

 

【家は空気環境】

健康住宅って何でしょう。

 

断熱性能が世界水準に近く(外皮熱還流率Ua値0.46以上が弊社の標準仕様です。)

因みに2020年は全棟フラット35S以上の断熱性能でないと建築できません。

(一概には言えませんが簡単なイメージです。)

C値(気密性能)が高く

(この数字にも落とし穴色々あります。)

 

一番大事なのは。

家が呼吸することなんですね。

 

なぜ、高気密、高断熱なのに、呼吸するかは、

第2回武川町現場オープン見学会(完全予約制)

『住宅のみえなくなる前に、みに来てね』を開催いたします。

そこでは、なぜ呼吸するのか、なぜ世界水準に近い断熱性能になるか、

気密測定後の数値の読み方等々、ありのまま公開致します。

 

 

準備ができ次第にはなりますが、

寒さが増す中に、暖かい住宅に来て頂き、体感して頂く事が一番いいです。

工事はどんどん進みますので、ご興味がある方はお早めにご連絡ください。

連絡先:shozenlog@yahoo.co.jpまで

ご連絡お待ちしております。

【シリーズ】住宅の見えないところを考える

当社の「家づくり」がわかる

『家づくり』を知ってもらいたいためにページを作成致しました。