石張りを開始しました

室内の正面に設置したボードに、コーラルストーンを張り始めました。

接着剤入りのモルタルを使用し、一枚、一枚丁寧に張っておりますが、石の間に見える赤いものはレベルを調整するもので、これがないと水平に意思を張れません。

さすがプロというところですね。

このモデルハウスの室内における一番ポイントとなる場所で、壁との空間に調光式の間接照明を設けます。

ここは玄関入り口の横面(アプローチの正面)ですが、ここには天然石のさび石を使用しました。

不規則な石をバランスを見ながら張る技術もさすがで、丁寧に作業をしていました。

石に重量があり、高さが2.7メートルあるため、3回に分けて貼り付けてゆきます。一度に貼ると重みのために、石が剥落する恐れがあるからです。