断熱材と遮熱シート

床と天井、壁ともにこのウッドファイバーの断熱材を充てんします。厚みは100mm、この場所は床の隅の所です。丸鋸で簡単に切断でき、細かな個所にも隙間なく充てんできますので、非常に便利です。

この節くれだった手は、昭和19年生まれの僕の手です。

外壁の一番内側は透湿防水シートを一般的には使用しますが、今回のモデルハウスには外気の熱を遮熱するあるアルミックシートを使用しました。

この上に炭化コルクを張り詰め、その上にモルタル、および漆喰を塗って完了となります。