天然石の屋根 クールーフ

クールーフは粘板岩を特許工法で葺く事により安価で軽い屋根を実現。


しかも、石葺きの隙間を利用して、屋根部の熱を自然の風力で自然換気し、従来の屋根以上の涼しさも実現。


さらに、天然石だから長期のメンテナンスも不要です。


生産時にも二酸化炭素を排出せず、次世代に渡って再利用ができるローライフサイクルコストの石屋根、それがクールーフです。

重厚な美観と自然なやさしさ、軽くて涼しい天然石の屋根『クールーフ工法』


クールーフ工法は、天然石である粘板岩を

使用しています。

この岩石は板状に加工しやすく、建築材料として古くからヨーロッパなどで屋根材として利用されてきました。数百年もの風雨に耐えて、現在にその美しさを保っているヨーロッパの街並みには欠かすことのできないものとなっています。


クールーフマルチカラー

クールーフグレー



10年後、30年後メンテナンスは必要ですか?

天然石なので、化粧スレートのように15年に一度の塗装などは必要ありません。

ただ、石と石との間に設置している「水切り金具」がガルバニウム鋼板という部材で作られているために、約40~50年程度でメンテナンスが必要になります。

そこで、現在ではステンレス製の「水切り金具」を用意しておりますので

メンテナンスもフリーです。

石屋根の耐久性と持続性は何百年と経って、美しく現存するヨーロッパの石屋根を見れば

一目瞭然です。

漆喰.....こちらをクリック

お問い合わせ.....こちらをクリック