Youtube動画作成。(緊張で噛みまくり、瞬きが多いですが、こんな自分です。)

私の家創りの考え方は

「意匠、構造もさることながら、『現場』で全ては決まる」です。

 

良い設計でも現場監督のしっかりした考えが、さらに良い設計図になり、

現場監督の統率力で、現場がきれいに、安全に、丁寧に、工期がしっかりと締まった

建築現場に変わっていきます。

それには、数多くの取引先の御協力がないとなりえません。

 

『よりよくする』仕事は、今日という一日の仕事を妥協せず、品質を追求して、

その結果を見て、何かもっとできることがあると研究する心です。

また、お施主様の想いを監督として各取引先の担当者に伝達することも必要です。

 

そんなことを繰り返していくうちに、

お引渡しのお客様から、温かいお言葉を数多く頂いております。

ご満足して頂いており、いつも感謝の気持ちで一杯です。

少数にて会社を運営しており、現場の数は負えません。

マンパワーが足りなくなり、現場管理能力が確実に落ちていくため、

同時可動物件は3棟以内と常に心がけております。

 

是非一度、弊社モデルハウス『南アルプス里の家』にお越しください。

お待ちしております。

 

田中 善隆

モデルハウスがありますので、見学にお越しください。

外出している場合もございますので、事前に携帯電話までご連絡頂けると幸いです。

 

世界で一番自然に近い家=無添加住宅

化学接着剤を全く使わない家が、本当の健康住宅なのです。

身体によくないものは使わない。こんな当たり前のことに目をつぶってきたのが日本の住宅産業です。

コスト優先、均一な品質で大量生産するために、化学建材を多用した住宅の家づくりが『シックハウス』を生み出したと言えるでしょう。そこで私たちは、化学接着剤を一切使わずに家を建てることはできないものかと、長年研究してきました。そして、ついに身体に良い無添加住宅の家を完成させました。建材などには天然素材を吟味して選び、究極の無添加を実現しました。私たちの『無添加の家』は、極限まで自然素材にこだわっています。たとえば、化学接着剤に代わるものとして、米でつくる『米のり』、動物の骨や皮でつくる

にかわ』などを使っています。長年の研究の結果、無害な自然のりを安定的につくり、建具に利用するなど

実用化することができたのです。また、問題の多いビニールクロスに代わる内装素材として、安価な『漆喰』塗り工法を開発するなど、身体に良くないものは使わず、無添加の素材と工法で、住まいづくりを

進めています。

だから無添加住宅にこだわりました。


無添加住宅の基準

無添加住ではお客様のご予算、ライフスタイル、健康的な住まい方へのご関心度や、

化学物質に対する症状などにあわせて3つのタイプをご用意致しました。

シックハウス症候群の方に対応し、健康な方にもおすすめ推奨仕様のSタイプ。

化学物質過敏症の方にも対応するCタイプ。様々な設備も取り入れやすいNタイプです。

Sタイプ(シックハウス症候群対応、推奨準仕様)

天然素材を極力使用し、人体に有害な化学物質を少なくした、シックハウス症候群の方でも快適に

住むことができる仕様です。健康な方にもおすすめする無添加住宅の推奨準仕様です。

Cタイプ(化学物質過敏症対応仕様)

このタイプはSタイプをベースにノウハウを駆使して、人体に有害な化学物質を極限までに排除し、化学物質過敏症の方でも住める環境を目指して開発した仕様です。内装壁の下地にはプラスターボードすら使用せずに、天然の竹で編んだネットを使用するなど、徹底的に天然素材にこだわった工法です。室内空気環境における揮発有機化合物の濃度測定においても、限りなく0に近い数値を得ています。

Nタイプ(一部化学建材の仕様を認めた仕様)

目に見えない部分や、施工中には多少化学物質が発生するものの、ご入居にはまったく問題のない素材の使用を認めたタイプです。システムキッチンやユニットバス等の設備も一部使用可能です。ビニールクロス貼りの新築の家から、このタイプの新築の家に入られた時の空気管感の違いを、感じて頂けるのはSタイプ等と同じです。

無添加住宅の一例


天然石による屋根形状、外壁漆喰仕上げと石張りが無添加住宅の特徴の一部です。


2016年

9月

25日

坪単価って何でしょうか??

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

31日

武川町現場造成

大型重機が現場入り。伐採、巨石撤去開始です。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

30日

田園風景

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

29日

無添加住宅第2号着工開始!!

本日より武川町の無添加住宅造成開始しました。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

02日

省エネルギー技術設計、施工者講習

続きを読む 0 コメント